J.M.C. Diving Service

HOME | サイトマップ |

ダイビング 一日の流れ

朝、今日何に出会えるか、わくわくドキドキ。
出発前に支度もしなくては !

出発まで

目が覚める。
まだ5:30だ。
こんなに早く起きることはないのに不思議なものだ。
南国のあの特有な空気が朝日に包まれ、
甘い香りが不思議に漂っている。
外を眺めると朝焼けが眩しい。
普段は、 時計に起こされ、やっとのこと立ち上り、
時間に追われ、振り回されて一日が終わる。
そんな日常からは、信じられない。

今日は、ダイビング2日目。
出発は8時、朝食まではまだ充分すぎる時間がある。その辺を散歩するとしよう。

昨日は初日ともあり、チェックダイブ。
体の中の眠っていた五感や、ダイビング機能を取り戻す慣らしの一日とした。
朝9時に出発し、午後3時に戻る。そして、リゾートでふらふら過ごすというスケジュールだった。

今日は念願のアポ島をリクエスト。2ダイブともアポ島だ。
しかも、 帰ってから街を散策する計画だ。
出発を1時間早くリクエストした。
今日は遊びまくるぞ。

部屋へ戻り、軽くシャワーを浴びて、7時に朝食をとりにホテルのレストランへ向かう。
海から吹く風は爽やかで、早くおいでと言っているようだ 。
朝食をとり終え、部屋へ戻り、機材の準備を点検する。


出航

集合場所へ行き、機材をスタッフに預ける。沖合いでバンカーボートが私たちを待っている。
遠浅のため、小さいボートでしかこちらに来ることが出来ない為だ。



バンカーボートに乗り込みいざ出発。

ボートには私たちとJMCスタッフ、船長とそのスタッフたちで賑やかだ。
快晴、海は凪。
このまま静か凪でありますように。

>>さあ!1ダイブ目へ

Copyright © 2004 ASIA Production Service Philippines Inc. All Rights Reserved.
produced by sisos.com